強迫的ギャンブラー 希望への道

アクセスカウンタ

zoom RSS えっ7月

<<   作成日時 : 2011/07/17 23:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

早いものでもう7月
どおりで暑いわけだ

お陰さまで、娘も5ヶ月を過ぎ、日々の成長を眩い光を放ちながら見せてくれています
(ちょいとオーバーか(笑))

いやー正直可愛くて仕方ないんです

そろそろ娘への共依存とも、正直に向き合わなければならないかも

まぁ 僕も嫁も「親」になって5ヶ月
まだまだだけど、お互いよくやってるよ

今日は、千葉でOSMに家族3人で参加
娘はこれでセミナー2回目(つーか保育2回目)
このようなセミナーに参加することで、1歩づつ、自分が回復し続けることの意味と、仲間に対しての感謝の気持ち、そして家族への愛のかたちをきちんと見つめ直すことが出来ます。
これからも成長し、回復し続けたいと思いました

解決策はあるのですから
まずは決心、そして「行動」です

この前、娘の汗もが気になり皮膚科に行ったのですが、その皮膚科には霊的な詩が何篇か紹介されていて、すごく心地がよかった詩なので、皆さんにその中の1篇を紹介します。

ニューヨーク大学にあるリハビリテーション施設の壁に、患者さんが書いたといわれる詩だそうです。


大きなことを成し遂げるために
力を与えてほしいと神に求めたのに
謙遜を学ぶようにと
弱さを授かった

より偉大なことができるように
健康を求めたのに
よりよきことをするようにと
病弱を与えられた

幸せになろうとして
富を求めたのに
賢明であるようにと
貧困を授かった

世の人々の賞賛を得ようとして、
権力を求めたのに、
神の前にひざまずくようにと
弱さを授かった

人生を享楽しようと
あらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるように
命を授かった

求めたものは一つとして
与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず
心の中の言い表せない祈りは
すべてかなえられた

私はあらゆる人の中で
最も豊かに祝福されたのだ


ほかにも素敵な詩がたくさんありました(皮膚科にナゼ?今度聞いてみようかな)
それはまた次回

いつになることやら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
セミナーお疲れ様でした。

そちらにもかなり行きたかったのですが、今回は大宮の方に伺いました。

また次回の楽しみにします。


あ、こちらの更新も楽しみにしてます(笑)

大好きな娘ちゃんの成長記なら毎日書けるでしょ!?(爆)
えむ
2011/07/18 00:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
えっ7月 強迫的ギャンブラー 希望への道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる